カテゴリー別アーカイブ: バランス調整

射水市内M様邸

「バランス調整(写真左のシャッター)」
「スプリング(バネ)取替(写真右のシャッター)」

untitled射水市内のM様邸です。

シャッターを取り付けてから15年ほど経過
しており、「重くなった」とのご相談でした。

見に行ってきましたところ、経年によるバネのヘタりが原因ではないかと推察されました。

バネ巻き、スラットの位置調整、及び注油
といった作業をバランス調整と呼びます。

この場合、そのバランス調整をすれば大丈夫だと思いそのように提案させていただきました。

しかしながら、ケースを開けてみて驚きました。
向かって左側のシャッターは大丈夫だったのですが、
右側のシャッターはシャッターの軸を受けているベアリングが壊れてしまっていました。

経年による磨耗などで有り得ることなのですが、
そのまま放置しておくと金属同士がこすれあい、
最終的にはシャフトそのものが折れてしまいます。
そうなるとシャッターが上がらなくなってしまいます。
ぱっと見ただけでは分からないことも多いものです。
そうなってしまう前に修理しないと後々大変なのです。

「最近重くなった」
「何かおかしい」

と思われたら 是非一度ご相談下さい。

ちなみにこちらのシャッターはガルバリウム素材で
「パンダシャッター」
と呼ばれるシャッターでした。

射水市内M様邸:バランス調整

koji001

バランス調整では、まずパイプレンチを引っ掛けて抑えながら横にあるピンを抜きます。
そうしてバネを巻き上げ、元通りにピンを刺します。

その後、スラットが揃っているか確かめながらシャッターを上げます。
今回はきちんと揃っていました。これがズレていると軋みの原因になります。

最後にシャッターオイルをさして完了です。
シャッターオイルは粘りのほとんど無いオイルです。
グリースの使用はホコリを巻き込むので避けます。